WPの自動更新が出来なくなって、Ver.4.3、4.4と手動でアップグレードを行う

WordPress4.3の時も自動更新に失敗して、手動アップグレードを2015年10月に行った。

WordPress のアップグレード [WordPress Codex 日本語版]の4.手動更新を参考にFTPにてアップロードした。

プラグインの更新も、手動アップグレードを行い、すっきり最新状態が完了した。

その後、記事の更新を怠ったまま(本当はそのバージョンアップ失敗顛末を記事にするはずだったのだが・・・)、あっという間にVer4.4の自動更新の案内。

Ver2.8以前からの運用の中で、Ver.4.3の手動アップグレード行ったことで、ファイルなどは新規インストールに近い状態になったので、今回は大丈夫だろう~と安易に「自動更新」ボタンを押す。

と、またまた失敗!

ファイルをコピーしています…

で、ストップ。

そして、メンテナンスモードが有効のままで、サイトにアクセスすると、メンテナンス中というアナウンスがでたまま。

この現象は、なんども体験しているので、とりあえずの処理として、ルートの「.maintenance」ファイルを削除。

サイトのトップページは表示されるものの管理ページにアクセスすると、phpのエラーメッセージが表示されて、管理ページにアクセス出来ない。

Ver.4.3の時は、管理ページにアクセス出来たが、更新通知は以前そのままで、ダッシュボードにphpエラーが表示されている。

Ver4.3のアップグレード失敗直後のWP管理画面ダッシュボード
Ver4.3のアップグレード失敗直後のWP管理画面ダッシュボード

メニューをクリックする度に、いろいろなファイルのphpエラーが表示。

FTPでファイルのタイムスタンプを見ると、明らかに途中でアップロードが中断したことがわかる。

今回はVer4.3ですでに手動アップグレードを行っていたので、問題なく完了。
とはいえ、しばしばアップロードが切断される。

この接続の頻繁な切断が、自動アップグレードでも作用して失敗するのだろうか?

WPのデータベースの更新を開始
WPのデータベースの更新を開始

そして、ログインページにアクセスすると、データベースの更新が開始される。
ここまで来ると一安心。

データベースの更新が完了し、アップグレードも完了
データベースの更新が完了し、アップグレードも完了

次にプラグインの更新を行う。

Ver4.3の時も、途中で止まってこれもまた手動で行ったので、予測していたが案の定、早くもストップ。

プラグインの自動アップデートもストップ!
プラグインの自動アップデートもストップ!

メンテナンスモードを解除し、この日はプラグインの更新は見送り。

そして、次の日、プラグイン1個毎のアップデート4つは、問題なく更新された。その他は、互換性を確認してからおいおい行う。

しかし、本日は503エラーがおこったり(このWP運営してはじめて遭遇した現象)、サイトが一時的に表示されなかったりと不安定な状態。

現在のWP Ver4.4のインストール条件は、

PHP バージョン 5.6 以上推奨
MySQL バージョン 5.6 以上推奨

但し書きとして、PHP 5.2.4 以上、かつ MySQL 5.0 以上であれば WordPress は動作しますが、・・・

とは書かれているが、現在稼働しているサーバ↓は、推奨条件を満たしていない。

PHP バージョン5.0x
MySQL バージョン 5.0.92

この不安定な状況からも、早急に移転の計画が必要である。
自動アップデートが出来るという最大のメリットである機能が使えないなんて、問題外なのである。

サーバ移転、真剣に考えます。

追記:
2016/1/7、Ver.4.4.1へのマイナーバージョンアップが通知されました。
日本語WPにはまだ案内がないようですが、英語WPに「WordPress 4.4.1 Security and Maintenance Release」で確認できました。
今回は、上手くいったようで一安心です。

追記2:
2016/1/14ログインすると、Ver.4.4のままでした。
メール通知は来たけれど、実際には4.4.1へのバージョンアップは行われていなかった・・・サーバ移転、真剣に考えます。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です