非力PC最悪OS・VistaからWindows10にアップグレードして素敵なPCに大変身!

PC Onlineの青木さんのコラム「Windows 10は貧弱マシンの強~い味方!? 処分直前のノートが10で命拾い《青木恵美「信州ITラプソディ」》」で、ダメもとで我が家の非力パソコンをWindows10にアップグレードした。

この記事のタイトル、青木さんのコラムのタイトルそのままに+Vol.2としたいくらい、見事に蘇ったのである。

まず、問題のデスクトップPCのスペック。

プロセッサ:Intel(R) Core(TM)2 CPU 6600 @ 2.40GHz 2.39GHz
実装メモリ(RAM):2.00GB
システムの種類:32ビット
OS:Windows Vista

アップグレードしたWin10環境でのシステム情報

アップグレードしたPCのスペック
アップグレードしたPCのスペック

OS:Vistaの環境では、とにかく起動が遅い、メモリ占有率が高く、ソフトがまともに動かない、2分割しているディスクのOS側容量が圧迫されている状態(でディスクの分割を変更してもあまり効果はでず)という最悪環境で、とにかく使い物にならなかった。
年賀状印刷などの印刷PCとしてのみの役目しかはたしていなかった。

しかし、冒頭のコラムを見て、貧弱マシンが復活するという記事にすぐに飛びついた!

Windows 10にアップグレードするには、Win7以上でないと無償でアップグレードできない。

今回アップグレードしたOSは、Vistaなので本来はWindows10にできない。

そのからくりは、Windows 8が登場したときに、Vistaユーザーの特典として、Win8のアップグレード版を3,300円で購入していたのである。

しかし、Win8が出た当時はあまり評判がよくなく、Win7の方が安定しているとのことで、ただでさえ過去の評判の悪いOS:Windows MEやVistaと変わらないのなら、アップグレードしても意味がないかと放置していたのである。

 

いずれにしても、Vista→Win10への2世代飛び越しのアップグレードはできず、Vista→Win8→Win8.1→Win10の手順でのアップグレードとなった。

この3段階を一気におこなったのではなく、2つの期間にわけて、ようやく年明けにWin10へのアップグレードが完了した。

2015年10月に、Vista→Win8まで完了したが、ここで思わぬストップがかかった。

接続しているプリンタ(Canon IP4300)のドライバ、Windows 10が配布されていないことが判明。
古い機種なので、今後も予定はないとメーカーは宣言している。

ググると困っているユーザも同様にいるようで、実際Win10では動かないとの報告もある。

年末の年賀状印刷のため、この作業が終わってからのアップグレードとなり、2か月間の凍結となった。

取得していたライセンスキーを入力して、Windows 8のインストールが開始。

VistaからWindows8へのアップグレードその1

VistaからWindows8へのアップグレードその1

なんどかの再起動を行い、午後9時に開始して日付が変わってもまだ終わらず、そのまま放置。
早朝7時に再起動を何度かかけて、ようやくWindows 8となった。

VistaからWindows8へのアップグレードその2
VistaからWindows8へのアップグレードその2

Microsoft Officeを始めとするソフトは引き継がれず、ほとんどのソフトをその後、再インストールした。

Windows 8になった段階で、すでに非力PCはほぼ蘇っていたのである。
電源いれてからの起動が早く、各ソフトの起動も思ったより早い。

ハードディスクは、Vista時のバックアップファイルもあり、相変わらず容量はいっぱいなのは変わらない。

しかし、しばらくはWindows 10にせずとも、Vista環境から比べると格段のストレスフリーとなる。

 

そして、年末の年賀状印刷作業を開始。
この作業が終われば、Windows 10へのアップグレードが始まる。

と、思わぬアクシデント。

調子よく動いていたプリンタが、年賀状数枚を残すところでストップ。
メッセージランプから、致命傷のプリンタヘッドの故障。
インクはまだ満タンにあり、別のWin8.1かWin7のPCにつなぎ変えようと、目論んでいたのに・・・まあ、致し方ない(笑)

そして、Win8→Win8.1→Win10へ問題なくアップグレードが完了した。

Windows10にアップグレードを促すおなじみのメッセージウィンドウ
Windows10にアップグレードを促すおなじみのメッセージウィンドウ
Windows10へのアップグレード開始
Windows10へのアップグレード開始

あっという間にWindows 10へ!約1時間弱で完了。

Windows10のナビゲーションメニュー
Windows10のナビゲーションメニュー

Windows 8.1にした段階で、Cドライブ85%占めていた容量が、50%以下に。

win8のディスク容量

そして、Windows 10の段階で、さらに7GB 減り、10GBはWin8.1のバックアップフォルダなので、実質17GBの減少。

win10のディスク容量
win10のディスク容量は、実質17GBの減少

・既存のソフトは、そのまま使える。
・ファイルの場所もそのまま
・電源起動はもちろん早く、officeなどのソフトもさくさく動く
・ブラウザ起動や表示も、ほぼ問題なし。

まるで、新しいPCになったようである。

ディスプレイがワイド画面ではないので、若干の違和感があるもののまだまだ現役で充分使えるのである。

これからWindows 10の世界を楽しんでみます。
IEはここ数年使っておらず、実は拒否反応を示すけれど、まずはEdgeから使ってみよう。

Windows 10、ありがとう。

 


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です