Facebook「Page Plugin」設置に必要なアプリID(appId)の取得・公開方法がまた変わっていた

また変わっていたというか、すでに変わっていたというか、Facebookの「Page Plugin」を設置するためのJavascript SDKの取得方法が、分かりにくかったので、2015/1/27現在の備忘録として残しておく。

「Like Box」のiframeで設置していたWebページ上のFBページのボックスを、設置するために新たなappIdを取得する。

とその前に、「Page Plugin」に2,015年6月に変更した時のコード取得になかった項目が追加されていて、また変わったのーと第一声。

「tab」フォームが追加されている
「Tabs」フォームが追加されている

「Tabs」フォームが追加されて、デフォルトには「timeline」が入っている。


タイムラインを非表示にしたかったので、以前あったチェックボックスの項目から探していたがなくなって、この「Tabs」に切り替わっている。

切り替わったというより機能が追加になった。

タイムラインの他に、イベントやメッセージを表示できるし、タブ切り替えで、この3つの項目を表示することも出来るらしい。

タイムラインを表示しないようにするには、フォームを空白にすればよい。

さて、肝心のアプリIDの取得・公開方法。

上記フォームを入力し「Page Plugin」のコードを取得するボタンを押すと、以下のウィンドウが表示される。

基本は、1のJavascript SDKを<body>の直後に設置し、2のコードを表示したい位置に貼り付ける。

アプリIDの取得方法は、新規追加(add)で取得し、複数ある場合は、アプリIDのプルダウンから、該当のアプリID名を選択する。

FBのappIdを取得したのに、Page  Plugin取得のコードに警告メッセージが・・・
FBのappIdを取得したのに、Page Plugin取得のコードに警告メッセージが・・・

このタイミングで新規登録したアプリIDは、公開モードに設定されていない。

その説明が、上記画像の黄色枠。
公開モードにするには、さらにアプリIDの設定が必要で、赤矢印の「App Dasbhoard」のリンクをクリックする。

FBのappIdを公開(public)にするための設定画面
FBのappIdを公開(public)にするための設定画面、メールアドレスを入力して保存

右メニューの「Settings」に移動し、「Contact Email」フォームにメールアドレスを入力して、右下の青ボタン「保存」を押す。

メニューを行ったり来たりしていると、日本語モードになる場合もあり。

公開するためには、No→Yesに切り替えるとメッセージウィンドウが表示される
公開するためには、No→Yesに切り替えるとメッセージウィンドウが表示される

次に、「Status & Review」メニューに移動し、アプリID名の右端のボタンをNoからYesに変えると、アプリを公開しますか?という確認ウィンドウが表示されるので、「確認」ボタンを押す。

公開設定が完了。Id名の横の緑色マークが緑枠の中も塗りつぶされている
公開設定が完了。Id名の横の緑色マークが緑枠の中も塗りつぶされている

これで公開モードとなり、「Page Plugin」コード取得のためのJavascript SDKコードの黄色枠メッセージは消える。

さすがに「Like Box」時代のiframe形式のものは、切り替えが必要になってくるであろう。

とはいえ、それでも今現在、問題なく表示されてはいるが・・・

 


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です