Amazon Musicの勧め、クラウドと端末の切り替えが可能、iTunesとも連携できる

最近、JAZZの勉強中。

JAZZ初心者にとって、CD購入の時、Amazonミュージックのレビューと視聴はとても役に立ち且つ勉強にもなる。

楽曲購入時、曲によって、CD&MP3、CDのみ、MP3だけの3種類のラインナップ。

そして、MP3はCDより格安なので魅力的。

iTunesでも、曲は購入しているものの昔のJAZZに限っては?レビューがなかったり、詳細も書かれていなかったりとアマゾンと比べると、JAZZ愛好家、上級者でないと買いにくい。

なので、ちょっとかじり始めた初心者、AmazonミュージックでのMP3購入デビューをしてみた。

結論からいうと、Androidユーザでもあるので、iTunesにそれほどこだわりもなく、Andoriodアプリ「Amazon Music」で連携もしやすく思った以上に便利である。

最初の購入は、Webサイトのアマゾンのデジタルミュージックで「購入する」ボタンをクリックして完了。

すると、「Amazon.co.jp ご注文の確認 Dxxxx」のメールが届く。

そのまま、Web版の「ミュージックライブラリ」にアクセス(ログイン)して、購入した曲を聞くこともできる。

Amazon Musicアプリ のダウンロードリンクの送信を希望すると、メールで案内が届き、

PC版Amazon Musicの案内
PC版Amazon Musicの案内

簡単にPC版Amazon Musicをダウンロードして、iTunesのように使うこともできる。

参考:デスクトップ版Amazon Musicをインストールする

PC版Amazon Musicは、iTunesと見た目(色合いは黒vs白)も使い方もほぼ同じ。

ストアは、本当にそっくり。Amazonの方が文字サイズが大きめ。

AmazonMusicストアのホーム
Amazon Musicストアのホーム

ダウンロードしたアルバムの曲名リスト。

これも1曲ごとの再生もiTunesよりしやすい。

Amazonデジタルミュージックで購入したアルバム
Amazonデジタルミュージックで購入したアルバム

iTunesはインターフェイスがころころ変わるので、Amazon Musicの方がシンプルでわかりやすいかも。

そして、同じようにスマートフォンにもAmazon Musicアプリをいれることで同期が可能である。

スマートフォンは、Android、iOSとも対応している。

スマートフォンアプリからアクセスすると、

Androidアプリ「Amazon Music」
Androidアプリ「Amazon Music」

 「Amazon Musicからストリーミング」のメッセージがでて、回線状況に応じて、ストリーミングかダウンロードしてオフラインのどちらも選択できることが書かれている。

ダウンロードすると、曲名の右側にレ点マークが付く。

と、初回はAmazonサイトで購入→アプリのインストールという手順でAmazonMusic生活が開始した。

 

 

さて、次は、「PC版Amazon Music」から曲の購入を行ってみた。

 購入したい曲のジャケットの下のボタン「このアルバムを購入」をクリックする。

と、「注文内容の確認」オレンジボタンに変わる。

PC版AmazonMusicから購入する
PC版AmazonMusicから購入する

このボタンをクリックすると、あっさり購入が完了。

(iTunesだと、購入時にパスワードを聞いてきたように思うが・・ちょっと面食らう)

購入が完了し、すぐにダウンロードが開始される
購入が完了し、すぐにダウンロードが開始される

すぐにダウンロードが開始され、10曲分は、数10秒でダウンロードも完了。

 10曲も入って500円、安すぎる!JAZZ初心者、普通の音感しかない人間はこれで充分(笑)

iTunesにも追加されたので、iTunesの楽曲とも連動できる。

Amazon Musicでのダウンロードが完了。iTunesにも追加された。
Amazon Musicでのダウンロードが完了。iTunesにも追加された。

私の場合、iTunesの利用法は、ランニング用のiPodでのpodcastsのダウンロードがほとんどだが、iTunesで購入した曲も入っている。

なので、iTunesで購入した曲は、「PC版Amazon Music」でも再生できる。

(当たり前だが、Andriod版アプリではできない)

 

ということで、しばらくはAmazon Musicを利用してみる。

Amazon Musicの良い所は、ストリーミング(クラウド)が可能なこと!

しかし、Musicに特化しているので、iTunesのようにPodcastやアプリなどの利用はできない。

と、使用条件に応じて使いこなしていくことになるであろう。

 

生まれる前に作られた曲を聞くというのが不思議な感覚。

なんだかレトロな感覚もありつつ、新鮮な刺激ありと、自分にあう曲を探す楽しみ、発見があってなかなか面白い!

少しずつ、勉強しながら収集していく予定~。

 

 

 

 


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です