Googleカレンダーに突然、知らない人?の誕生日が表示。で乗っ取られたかと思わず勘違いしてしまったGoogleカレンダーの仕様変更

電話でスケジュール調整を話しながら、来年1月までカレンダーを進めると、「◯◯さんの誕生日(ケーキアイコン付き)」が、薄緑バック色で表示されている!?

あれ、これ誰?と思いながらも、日程決定。

とりあえず、予定を記入してまた会話に戻る・・・

話しながらも、あれれなんで知らない人の誕生日が?もしやGoogleのアカウント乗っ取られたんか?と気もそぞろに電話終了。

これは大変とGoogleカレンダーを点検。

マイカレンダーに、「誕生日」薄緑アイコンが追加されている。

Googleカレンダーに誕生日が出現
Googleカレンダーに誕生日が出現

マイカレンダーの[設定]をクリックすると、

誕生日の項目の下に、

Google+ のサークルや Google コンタクトに登録されている人の誕生日を表示します。Google コンタクトに登録されている記念日や予定があれば、それらも表示されます。

なんと、Google+でフォローしている人の誕生日が、表示されてたんだと納得。

けど、実際にGoogle+でしか知らない人。なんか名前だけは知っているような気がしたのはそのせい(笑)

しかし、なんのお知らせもないままでの突然の表示。

乗っ取りが横行している昨今、かなりびっくり!

Googleアカウントは、2段階認証にしているのに?と。

マイカレンダーの設定画面
マイカレンダーの設定画面、リスト表示チェックボタンは、設定出来ないグレー表示

そして、[設定]>[リストに表示]のチェックボタンは、グレー表示でチェックを外せない。

デフォルトで表示設定って、必要ないのでは?

ここでは外せないので、この設定を無効にするには、カレンダーに戻り、マイカレンダーの誕生日の薄緑アイコンをクリックして、色がなくなったら、表示しない設定になっている。

これしか、今のところ、はずず方法はないらしい。

こんな機能、要らないしーーーーーーーーーーーーーと思うけど。

とりあえず、誕生日は外した。

誕生日は、スマートフォンの方でGoogleカレンダーと連動させてある「ジョルテ」アプリに、家族や友人の誕生日は表示させている。

なので、全く必要ないとはいえないが、Google+をプライベートでは、利用していないので、必要ないのだ。

ましてやFBでも、誕生日お祝いは面倒くさいので、公開していない人間にとっての必要性はないのであーる。

この機能を歓迎している人もいるかもしれないので、今日はここまで(笑)

 

 


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です