「Facebook Like Button 5.9.5」WPプラグインは、いいねボタン設置とOGP設定の両方を設定してくれる優れもののFacebook用プラグイン

 

Fafacebook Like Button プラグイン
Fafacebook Like Button プラグイン

以前書いた記事「「いいね!」ボタンは便利!facebookの「いいね!」をWPプラグイン(Fafacebook Like Button)で設置しました。」ですでに設置済みの「いいね!」ボタン。

 

この「Facebook Like Button」WPプラグイン、ボタン設置だけでないFacebookとの連携を高めるためのOGPも実装している優れものだと、今頃気づきました!

そもそもの気づきは、このプラグインがバージョンアップした直後のバクから発見したのですけどね、「災い転じて福と成す」ですな(笑)

facebookのウォールに手動でこのブログ記事の更新のお知らせURLを入力したら、ブログ記事の概要(本文のはじめ部分)だけが文字化け?

あれ?と思って、ページのソースを見ると、

<meta property=”og:description” content=”xxx?????aaaa・・・

あらら、OGPの設定タグコードがあるじゃない!

og:discriptionはじめ、og:title、fb:admins・・・

これを設置したときは、OGPもよくわからなかった時だから、設定のときも気が付かなかったのでした。

ということで、改めてきちんと設定を行いました。

*バージョン5.9.5のog:discriptionの文字ばけバグは、日本語環境でのことで、その対処法については、この記事の最後に書きますね。

 

まず、このFacebook Like Buttonプラグインでできることは、下記の4つ。

 

1.「いいね!」ボタン、「送信」ボタンの設置

2.OGPの実装
(OGPを有効にするためには、Facebook側での設定、アプリ登録も必要です)

3.Googleアナリティクスでの「ソーシャル」トラックングをするためのコード設置

4.recommendations の設置

 

今上記1.2.3を設定しました。

設定方法は、IframeとXFBMLの二種類がありますが、今回はType:XFBMLでの設定です。

Fafacebook Like Button プラグインの設定
Fafacebook Like Button プラグインの設定

 

1.AppID

OGP実装のためのAppIDを入力します。

このAppIDは、次の項目のTypeでXFBMLを選択したときに必要です。

FacebookのCreate on App(Facebook開発者)で取得します。(取得方法は後述)

 

2.Type

「送信」ボタンを設置したいときは、Typeは、XFBML を選択します。

 

3.表示させたいページにチェックをいれます。

このブログでは、個別記事のコンテンツの後に、いいね!と送信ボタンの2つを表示させています。

 

4.Admin ID

FBのツール「Graph API Explorer」で確認できます。

 

5.Defualt Image:

「Check to enable」にチェックを入れると記事のサムネイルが表示されます。

ただし、記事投稿ページで、アイキャッチ画像に登録した画像が表示されます。

アイキャッチ画像を登録しない場合は、フォームに入力した画像が表示されます。

 

6.Enable Send Button

「送信」ボタンを表示するとき、チェック

 

7.Enable Social Tracking

Googleアナリティクスの[ユーザー]>[サマリー]>[ソーシャル]メニューで、FacebookのLikeが計測されます。

 

8.Layout Settings では、表示するボタンのデザインを設定します。

上記で、WP側の設定完了。

 

Facebook側の設定を行います。

1.Create on App(Facebook開発者)にアクセス

今回は、すでにApp登録がしてあるところの新規アプリを作成からの説明

 

Facebookアプリの新規作成
Facebookアプリの新規作成

 

任意のアプリ名とアプリ空間名を入力。

次にセキュリティチェックの文字コードを入力。

2.連携するWebサイトのドメイン名を入力

 

FBアプリとWebサイトの連携設定
FBアプリとWebサイトの連携設定

 

ウェブサイトのサイトURL入力は、http://が必要

WPのプラグイン設定のAppIDは、ここで確認できます。

これで、アプリの登録は終了。

 

3.ついでに連携アプリのインサイト設定も行いましょう。

 

ウェブサイトのインサイト設定
ウェブサイトのインサイト設定

 

インサイト設定で、OGPのために取得したアプリ名をプルダウンから選択し完了。

これで、Facebookでのアクセス解析をみることができます。

 

さてm最後に「バージョン5.9.5のog:discriptionの文字ばけバグ」の対処法。

 

管理画面のプラグイン>プラグイン編集で「facebook like]を選択
プラグインファイルの
facebook-like-button/inc/fun.inc.php
を選択し編集。

変更前

<meta property=”og:description” content=”‘.@htmlentities(@trim(substr(strip_tags($post_by_id[‘post_content’]), 0, 140))).'”/>


変更後

<meta property=”og:description” content=”‘.@htmlentities(@trim(substr(strip_tags($post_by_id[‘post_content’]), 0, 140)),ENT_QUOTES, “UTF-8”).'”/>


これで文字化けは直ります。
ただし、バージョンアップした場合は、修正されている場合もあります。修正などは自己責任で行なってください。


しかし、今回のこのプラグインのバージョンアップのバグフックスって、


changelogみたら、og:description bug fixed. って書いてある^^;


日本語の文字コードの関係までは把握しきれていないのかも。

 

 


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です