WP3.2にアップグレード、自サーバの動作環境チェックを調べる便利なプラグインでチェックしてから実行しよう!

最新バージョンWordpress3.2(2011/8/16現在は3.2.1)は、3.1までとはサーバの環境条件が大幅に変わっているので、バージョンアップするときは注意が必要。

WP3.2の動作環境

 

・PHP バージョン 5.2.4 以上

・MySQL バージョン 5.0 以上

 

MySQLは、5.0以上を満たすサーバは多いけど、PHPのバージョンが曲者。

PHP5.1系のサーバも多い。

またPHP5.2xと書かれているサーバもある。

そこで、本当に使用しているサーバが、WP3.2に対応しているか調べられるプラグインがある。

プラグイン:「Health Check」

このプラグインをインストールして有効化すると、以下のように判定結果がでる。

 

WP3.2へのアップグレードが可能かチェックするhealth Ckeckプラグイン
WP3.2へのアップグレードが可能かチェックするhealth Ckeckプラグイン

 

Excellent:・・・とあれば、アップグレードOK!

PHP5.2.4と条件があるものの、チェックしたPHPバージョンは5.2.17。

5.2.4より下位だけど、大丈夫?

でも

「Youe sever is running PHP version ・・・which will great for WordPress 3.2 onward」

と表示されたので、3.2へのアップグレードを決行!

 

Wordpress3.2日本語版の「自動で更新」アップグレードを選択
Wordpress3.2日本語版の「自動で更新」アップグレードを選択

 

いつも行うように、「自動で更新」を選択し、自動アップグレードを開始。

4分ほどで、アップグレード終了。

 

2つのブログが存在するマルチサイト機能を利用しているため、ネットワークの更新が必要
2つのブログが存在するマルチサイト機能を利用しているため、ネットワークの更新が必要

 

WP3.1から登場したマルチ機能を利用しているので、2つのサイトを設定してある。

そのため、すべてに反映させるためには、「ネットワークの更新」を行いすべてのサイトの更新が完了。

 

WP3.2へのアップグレード完了!
WP3.2へのアップグレード完了!

 

 

無事、WP3.2になりました。

ちなみにサーバは、ドメインキング。

サイドメニューの幅が、前バージョンより少し狭くなった感じ。

さて、なにをしましょうか^^;、まだまだ試験用サイト。

WP3.2の環境で、本格的運用を行う予定。

 

また、このブログもWP3.2へのアップグレードが控えている。

「Health Check」ではOK。

このサーバは、ハッスルサーバー。

一応、用件は満たしているようであるが、自動アップグレードができない記事があったり、

前回3.1のアップグレードのときにエラーメッセージがでたりと、ちょっと不安定。

データバックアップなど、データリカバリの環境を整えてからの移行になりそうだ。

 


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です