ユニバーサルアナリティクスに変更する際にチェックツールとしても有効なChrome拡張機能「Tag Assistant(タグ・アシスタント)」でWPプラグインGoogle Analyticatorの変更

Googleアナリティクスは、2014年春以降、ユニバーサルアナリティクスに移行(アップグレード)しており、トラッキングコードも変更になっている。

具体的には、ga.js → analytics.js に変更になった。

基本のトラッキングコードの変更、そしてオプション追加しているコードも新コードへの変更が必要。

とはいえ、アナリティクスのWPプラグインはすでにユニバーサルアナリティクスに対応しているものも多く、簡単に移行が可能だ。

変更前のGoogleアナリティクスの状態を、

GoogleChrome拡張機能「Google Chrome拡張機能「Tag Assistant(タグ・アシスタント)」でチェック。

Code Version/Syntax が、旧コードのUrchin。

Chrome拡張機能Tag Assistantでアナリティクスの状態をチェック
Chrome拡張機能Tag Assistantでアナリティクスの状態をチェック

 

このWPでも、アナリティクスのトラッキングコードの変更を行った。

WPプラグイン「Google Analyticator」を利用している。

変更箇所は、基本設定のトラッキングコードを変更する。

プルダウンで選択できるので、Universal(analytics.js)を選択して、下方の保存ボタンを押して完了。

WPプラグイン「Google Analyticator」をユニバーサルアナリティクスに変更
WPプラグイン「Google Analyticator」をユニバーサルアナリティクスに変更

これで新コードへの変更が完了。

念のため、「Tag Assistant(タグ・アシスタント)」でチェック。

Code Version/Syntax は、Universalに変更 → OK。

しかし、エラーが・・・?

2つのエラーが赤文字で表示されている。

Tag Assistantでの2つのエラー表示
Tag Assistantでの2つのエラー表示

2つ目にコードエラーの表示。

実は上記設定以外に、以下の設定を変更している。

アナリティクス設定で、拡張アトリビューションの設定をONにしているため、コードを追加している。

そのコードを、新コードへ差し替えてある。

以前のコードよりもシンプルになっている。

 ga(‘require’, ‘linkid’, ‘linkid.js’);

ただ、この差し込み位置がダメなようで、通常コードの前ではなく、後ろに挿入するように、入力する場所を変更した。

拡張アトリビューションの追加コードを後方に移動
拡張アトリビューションの追加コードを後方に移動

これでエラーが解消された。

実際にコードは、下に追加されている。

Googleの「拡張リンクのアトリビューション分析」のページにも、以前のga.jsでは、

新しいタグは、トラッキング コードの _trackPageview の前に追加します。

と書かれているが、analytics.jsには、

トラッキング オブジェクトを作成した後、トラッキング コードへのタグを追加します。

と書かれていて、コードを言及していいないので、後方でOKのようだ。というか、前に入れるとエラーになるようだ。

 

変更後のタグマネージャーの状態。

エラーが解消され、ユニバーサルアナリティクスに変更が完了
エラーが解消され、ユニバーサルアナリティクスに変更が完了

コードも後方に追加されたことが確認できる。

トラッキングコードの通常の変更であれば、WPプラグインでの移行は簡単であるが、

追加設定、例えばeコマースやクロスドメイン設定などを行っている場合は、コードの変更だけでなく、コード位置などの注意が必要である。

そのためにも、事前のチェックとしてのChrome拡張機能「Tag Assistant」は有効なツールとして使える。

もちろん、変更後のアナリティクスのレポート確認も必要だ。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です