アクセス解析Google Analyticsを自動設定してくれるUltimate Google Analyticsプラグイン

まだまだ、公式には公開していないものの本格的に記事を投稿し始めたので、とりあえずアクセス解析ログを取得できるように設定。

各種アクセス解析を自動で設定できるプラグインもあるようだが、とりあえず、Google Analyticsに特化したプラグインを導入。

Ultimate Google Analyticsプラグインは、トラキングコードを張りつけるのではなく、アカウントIDのみを設定する。

その他、オプションで詳細設定もできるようであるが、基本的にはデフォルト設定でOKである。

さて、設定方法は簡単。

1.OraTransplantさんのUltimate Google Analytics plugin for WordPressからダウンロード。

2.zipファイルを回答して、プラグインフォルダにファイルをアップロード。

3.管理ページ>プラグイン一覧で、「Ultimate Google Analytics」が追加されているので、「使用する」に設定する。

4.使用開始されると、設定>Ultimate GA のメニューができる。

Ultimate Google Analyticsの設定メニュー
Ultimate Google Analyticsの設定メニュー

 

5.ここで、Google Analyticsで新規取得したプロファイルのトラッキングコード、UA-XXXXX-XをAccount IDに入力し、「Update options」ボタンをクリックし、完了。

基本設定
基本設定

 

6.オプション設定として、「Advanced configuration」ボタンをクリックすると、以下の設定ができる。

英語なので、わかりにくいが、基本的にはそのままでOK。

 

オプション設定
オプション設定

 

Track admin pagesにチェックをいれなければ、自分がログインした状態でアクセスした場合は、アクセス解析にデータが残らない設定となる。

Google Analyticsで、自分自身のアクセスをカウントしない設定もできるが、こちらの設定の方が簡単。

 

仕組みは、ログインしてアクセスすると、トラッキングコードが、アクセスしたページに埋め込まないという仕組み。

ログイン時のページのソースは、以下のようなコメントコードが表示され、トラッキングコードは埋め込まれていない。

 

Track admin pagesが有効な場合
Track admin pagesが有効な場合

 

<!– tracker not added by Ultimate Google Analytics plugin v1.6.0: http://www.oratransplant.nl/uga –>

<!– tracker is not added for a logged on user of this level –>

 

さて、そろそろ公開準備に入らなければと思いながら、そもそもブログ名の改変が思いつかないのでなかなか先に進まない~(汗)


2件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です