Viber for Androidが利用可能に。設定が完了するまでには時間がかかる、気長に待とう?!

iPhone利用者の間で利用されていたViber、ようやくAndroid版が利用できるようになった。

Skypeと違うところは、電話番号がそのままIDになっているところ。

まあ、Skypeとの違いやViberのよさはTechCrunch「Viberはスグレモノ―SkypeをしのぐiPhone向けVoIPアプリ登場」で詳細を。

で、導入してみたが、認証コードを取得するのに時間がかかった。

アプリのレビューにも、認証コードが届かないというレビューが多い反面、即登録できたという声も。一般的に認証コードは、PGですぐ処理されるのが当たり前。

なので、遅いとわかっていても、結構いらいらするものである(笑)

電話番号を入れてると、すぐに認証コードを入力するページになる。

Viber for Androidの登録、認証画面
Viber for Androidの登録、認証画面

 

 

けど、SMSは1分以上、待てども来ない・・・

なので、「click here.」を押すと、Webページへ。

ViberからSMSが来ない場合の認証コードの取得ページ
ViberからSMSが来ない場合の認証コードの取得ページ

 

登録した電話番号を確認して、言語Englishを選択して、「Get Code」ボタンをクリック。

すると、画面が切り替わり、表示の通り、電話がかかってくる・・・。

電話は、英語の自動音声で4桁の数字を聞き取る(ゆっくり数回繰り返すので、聞き取りは容易)。

その認証コードを入力して、Viber登録が完了。

が、こんなにスムーズにいかなかった。

「Get Code」を押すと、Try Again! の表示。

なんども試みるが、Try Again! の表示。

説明にしたがって、電話番号から登録し直すこと、数回。

(そういえば一旦、アンインストールもしたなぁ・・・)

結局、しばらくほったらかしで、半日以上たってから、「Get Code」を押すと、上記ページ右メッセージが表示され、非通知の電話がかかってきた。

docomoの場合、「ViberからのSMSは来ます」というレビューもあったが、結局こなかった。

SMS拒否設定をすべて解除しても来ませんでした。

(*20184にコールすると、SMS設定の確認、設定ができる)

電話は、非通知でかかってくるので、非通知拒否設定している方は、一時的にOFFに。

(私もONからOFFに変えた)

ということで、通常のアプリとは違って、のんびり構えて使えるのを待ちましょう!

さて、使用感はと。

電話帳リストから、Viber登録されたユーザがわかるので、直接、電話がかけられる。

3GよりWifiの方が音質はよい感じ。

テキスト・メッセージ機能(チャット)も、拭きだしで表示されるので、わかりやすい。

けど、まだ私のアドレスには、Viberユーザは少ない。

というか、スマートフォンユーザがもともと少ないのでしょう・・・。

それよか、電話、通話はあまりしないのですが(笑)

 


3件のコメント

  1. 自分も「Try Again」と表示されてしまって、全然コードを取得することができなかったのですが、半日ほど開けたら、やっと電話がかかってきました。
    でもこの電話代って誰が払ってるんでしょう・・・?

  2. うーん、電話代・・・ね(^^;
    最近は、Viberユーザと電話することもあまりなく、けどいざというときには便利ですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です