ネットショップ構築サービス「MakeShop」に移行する際のSEO対策の301リダイレクトについて

 旧サイトから新サイトへ移行する際、SEO対策のために301リダイレクト処理を行い、リニューアル時におけるマイナス要因を軽減する。

現行サイトからMakeShop(メイクショップ)へ移行する場合、301リダイレクト設定のhtaccessをサーバにアップすることが出来ない。

しかし、それに一部該当する「MakeShopのURL一括設定」という機能がある。

makeshopのURL一括設定
makeshopのURL一括設定

一部と強調したのは、旧URL → 新URL の対応が、1対1の設定のみであること。

リニューアルにあたって、コンテンツやメニュー・カテゴリを整理することにより、複数ある旧ページを、一つの新ページにまとめる場合もある。
つまり、多 → 1 の設定が出来ない。

例えば、A1、A2、B1、C1の4ページを、Dページに移行したい場合、

A1 → D のみの設定しか出来ない。

そのため、旧ページでいちばんSEO貢献度が高いページを選択する必要がある。

この機能のメリットは、htaccessを設定してアップロードするという作業に比べ、難易度は低い。
マニュアルに沿ってcsvを作成し、管理ページにアップロードするという手順である。

301リダイレクトが出来るネットショップ構築サービスを選択するのが、リニューアル時のSEO対策には効果的である。

しかし、リニューアル時における重要なポイントは、リダイレクトだけではなく、様々な要因が関係してくる。

それらを含めて、総合的に判断して、ネットショップ構築サービスを選択する必要がある。

ただ、安定した売上があるネットショップにとって、リニューアル時の選定は、現状においてとても難しい。

ネットショップ構築サービスも競争激化して、新たな機能をどこがいち早く追加してくれるのか、予測するのも大変である。

まさにこの決断が今後の運営を大いに左右する局面に来ているネットショップ業界である。

 

 


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です