Web 開発ツール「Web Developer」の機能、CSSの編集で検索窓が使えなくなって困っている方へ

ブラウザの拡張ツール「Web Developer」は、Webサイトの構築の編集やサイトのさまざまな構成を知るためにWeb制作者やWeb管理者には欠かせないツールである。

FirefoxとGoogle Chromeのブラウザに対応した拡張プラグイン。

私の場合は、Firefoxで利用している。

このところのFirefoxのバージョンアップなのかWeb Developer自身のアップグレードなのか、なぜかここ数ヶ月、

CSS > [CSSの編集]メニューで、右上の検索窓(検索フォーム)に入力できなくなった。

Web Developer CSSの編集の検索窓がグレー表示で使えない
Web Developer CSSの編集のエディタの検索窓がグレー表示で使えない。

特定のCSSのセレクタ、プロパティ、値などを検索するのに、スクロールして目視ではなかなかラチがあかないので、この窓を多用していたので困った!

それでもしばらくやり過ごしていたが、なんのことはない解決した。

CSS編集のエディタのバックグラウンドの設定[syntax highlighting]を None → Light もしくは Dark に変更することで検索窓が使えるようになった。

[syntax highlighting]がNoneだと検索窓が機能しない
[syntax highlighting]がNoneだと検索窓が機能しない

デフォルトが「None」なので気が付かなかった。

ということで、Lightに変更し、検索フォームも利用可能となり、また色分けもされてたいそう見やすくなった。

Lightを選択すると検索機能が有効に!
Lightを選択すると検索機能が有効に!

以前から色分けされたエディタだったかも忘れたけど、まあ使えるようになったから結果オーライだ。

なお、Chrome版では、[CSSの編集]メニューには検索フォームの機能がない。

メインブラウザがChromeなので、Chrome版を利用したいところであるがやはりFirefox版の方がはるかに使いやすい。

Chrome版の開発を期待したいところ。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です