郡は微妙な位置づけ?市町村とはいうけれど、区はあっても郡はないことが意外に多い

私の住所は、自宅もオフィスも、石川郡野々市町。

市町村合併で激減している「」です。

さて、郵便局でプレゼントキャンペーンのハガキをもらってきました。

 

プレゼント応募ハガキ→住所記入欄でつまずく
プレゼント応募ハガキ→住所記入欄でつまずく

切手もはらずに投函できるし、やっぱり郵便局ってステキ!と思い、住所を記入しようとするとあれ?

郡がない!丸で選べない。市の住民じゃないし。役所は、市役所でなくて役場っていうし・・・

 

市区町村の選択。郡がないのよ。
市区町村の選択。郡がないのよ。

うーん、金沢市ならここに「金沢」って書くんだろうけど、「石川郡野々市」書いて、町に○?

6文字も書けない。

だから、”石川”を「市・区・町・村」印刷の前に書いて、そのあとに”郡”と書きました(笑)

に住んでいる人にしかわからないでしょうが、こんなことは結構あるんですよ~

ご丁寧に、都道府県、市町村を選択する住所記入用紙の場合、「郡」の選択肢がないものが、結構あるんですよね。

まあ、余白状況によって、臨機応変に対応しますが、郡って微妙っていつも思ってしまうわけ。

また、郡のおかげで、やたらと住所が長い。これも難点。

野々市町、やっと市制(Wuki)の5万人突破。

今年は国勢調査の年、やっとこの微妙な位置から開放させられるのか、

行政はどう変わるのか・・・なんて大きな期待はしていない^^;

とにかく住所が短くなるのがなんといってもうれしい。

はやく施行してほしいのだ。

 

 

 


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です