新サーチコンソールのメッセージ「サイト ○○ で「インデックス カバレッジ」の問題が新たに 検出されました。とWPプラグイン「Google XML Sitemaps」の見直し設定

新しくWP構築サイトのサーチコンソールからメッセージが届く。

—————————-
サイト http・・・ で「インデックス カバレッジ」の問題が新たに 検出されました

新たに検出された問題:

送信された URL に noindex タグが追加されています

Search Console を使用して インデックス カバレッジ 件の問題を修正
—————————-

サーチコンソールのメッセージ
サーチコンソールのメッセージ

で、青いボタンをクリックすると、新サーチコンソールに移動する。

さて、該当するページは「sitemap.html」である。

以前はSEO対策にも効果的であることもあり、定番だったサイトマップページsitemap.html。このページ にnoindexタグがあるとエラー表示されている。

新サーチコンソールのインデックスがバレッジ
新サーチコンソールのインデックスがバレッジ

しかし、そもそもサイトマップページ(sitemap.html)は、作成していないし、存在しないはず?

このURLにアクセスすると、サーチコンソールに送信するサイトマップxmlが表示される。

WordPressでは、sitemap.html → sitemap.xml とみなしてしまうようだ。そもそもドット以降を認識しない?

さて、そもそも存在していないsitemap.htmlが出る原因は?

サーチコンソールに送信しているサイトマップxmlのリストに表示されていたからである。

サイトマップXML(sitemap.xml)は、WPプラグイン「Google XML Sitemaps」を利用して生成している。

WPには定番のプラグイン。ほぼデフォルト設定のままだったことがまずかった。と、本来のサイトマップページsitemap.htmlを作成しなかったことも原因だ。
(最近は作成しないことも多い、フッターメニューなどで代用)

Google XML Sitemaps の設定で

基本的な設定 > 高度な設定 >
HTML形式でのサイトマップを含める

にチェックがついていたためである。
(デフォルトはチェックありになっている)

Google XML Sitemapsプラグインの基本的な設定
Google XML Sitemapsプラグインの基本的な設定

このチェックを外すことで、サイトマップXMLにリストアップされない。

そして、サーチコンソールで、サイトマップの再送信を行い、このエラーを解消する。

新サーチコンソールのインデックスガバレッジは、新機能ということで今後も有効に活用出来ればと期待する。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です