Search Consoleのモバイルユーザビリティの表示の変化ーレスポンシブウェブデザインに変更したあとのGoogle変化経過報告その3

ウェブマスターツールが名称変更になり、「Search Console」に変更。
さて、メニュー>検索トラフィック>モバイルユーザビリティの変化を報告。

モバイルユーザビリティの遷移
モバイルユーザビリティの遷移

4/16 147エラーページ
4/30 61
5/02 23
5/05 9
5/09 3
5/12 1
5/16 0エラーページ

と下降線を描いている。

4/19にスマートフォン最適化し、1ヶ月弱でエラーが消えたことになる。

ちなみにインデックス数は、330ページから258ページと2割ほど少なくなった。

インデックス数の変化
インデックス数の変化


これは、WPプラグイン「All in One SEO」を導入して、

・Author Archives
・Date Archives

ページをnoindexに設定した影響であろう。
いずれにしても、インデックス数は今後は安定してくるであろう。

とはいえ、レスポンシブWebデザインに変更したものの、果たしてこのサイトへの恩恵はあるのか、昨年比アクセスデータが半分にダウンしている状況からはなんとも判断できない。

1年前とのユニバーサルアナリティクスのユーザー>モバイル データ比較

ユニバーサルアナリティクスのモバイル比較
ユニバーサルアナリティクスのモバイル比較

圧倒的に、PCユーザが多いのである。
そして、現在の方がさらにPC比率が昨年より8%も多いとは如何に?

当面は、有益なブログ記事を気持ちを入れ替えてせっせと書いていくことが課題である。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です