Google検索して、「ページがモバイルフレンドリーでありません」と表示される場合とは?

Googleがモバイルフレンドリーを推奨しはじめたあと、モバイルでGoogle検索すると、対応しているページに、[スマホ対応] ラベルが付いた時期があった。

URLの下に「スマホ対応」と表示されて、未対応サイトは対応を迫られていた(汗)

参考:検索ユーザーがモバイル フレンドリー ページを見つけやすくするために(Googleウェブマスター向け公式ブログ)2014/11/19

しかし、現在はその表示はなくなっている。2016年夏あたりからか。

既にスマホ対応が浸透してきたこと、スマホ対応だけでなく、表示スピートやAMP、MFIと次々と対応しなければならないことがどんどん出現している。

で、本日たまたま自分のサイトを、PCでGoogleで検索したところ、

URLの下に、「ページがモバイルフレンドリーでありません」と表示される。

ログインして検索すると出現するスマホ対応ラベル
ログインして検索すると出現するスマホ対応ラベル

それにしても、スマホでのGoogle検索だけにラベルって表記されていたと思うけど、PCでも?
うーん、スマホ対応ラベルって、未対応なサイトに出るんだったけ?

これからは、対応していないサイトにペナルティ警告か、まさか・・・(笑)

スマホ対応していない別のサイトを検索しても、そんな表記ラベルは出てこない。

ちょっと焦りながら、解決しました~。

Googleアカウントでログインしていたので、登録している自社サイトにのみ、表記されることが判明。(ログアウトすると表示されない)

Googleビジネスに登録しているサイトのみが対象かと思われたが、Googleアナリティクスに登録したサイトが対象のようだ。

このサイトのみ、スマホ対応しているので、[スマホ対応] ラベルはでていない。

いずれにしても、対応していないサイトを持つ身としては肩身が狭い。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です